・議員定数の削減 − 消費増税は先送りにされるかもしれませんが、やがては必ず増税されます。増税は大胆な議員定数削減とセットでなくてはいけません。身を切る改革、これは待ったなしです!

 

・働く人や中小企業を大切にした政策 − アベノミクスは極少数の個人や大企業が潤うだけです。実質賃金は下がり続け、働く人の環境も劣悪になっており、さらに円安の影響で資材等のコストアップが企業業績を悪化させています。にもかかわらず現政権は法人税減税を行うため赤字でも納税をさせる「外形標準化課税」を導入しようとしています。これでは中小企業はひとたまりもありません。「一強」を打破し、アベノミクスの負の連鎖をストップしなくてはいけません!

 

・戦争のない日本 − 安全保障の環境に応じて防衛体制を見直すことは必要です。しかし海外で戦争をする国にしてはいけません。ましてや丁寧な議論もなく閣僚決定で憲法の読み方を変えてしまう「わがままな憲法解釈」は非常に危険です。テロ・宗教戦争に巻き込まれることのなかった「平和な国」日本を守らなくてはいけません!

 

・農業政策 − 毎年米価が下落しています。そして追い打ちをかけるようにTPPが締結され、米価のさらなる低下だけでなく農畜産物全体が過度な価格競争にさらされようとしています。また、日本の農家に飼料米を作らせながら、食料米をアメリカやオーストラリアから約8万トン追加輸入するようなアベコベ農政は日本農業の軽視にほかなりません。「このままでは農家は続けられない」、との声を多く聞きます。米価操縦と日本農業の軽視⇒強制離農の自民党農政では放棄地が増え、日本の農業力がますます低下してしまいます。まず旧民主党が推進した「戸別所得補償制度」を復活させ農家経営の安定を図ります!

 

 

 
  サイトのご利用について 個人情報保護について 柏倉祐司後援会のご案内 個人献金(寄付)のご案内
 
 

柏倉祐司事務所

 

〒320-0842

 

栃木県宇都宮市京町11-15ユタカビル1階 TEL:028-678-3620 FAX:028-678-3624

E-mail:kasshy7@gmail.com

PAGE TOP